サイトの統一性 - 商品のお買い得!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイトの統一性

サイトに時々感じる違和感があります。私自身は、どんなサイトでも参考になると思っている為、さまざまな視点から常にメリットとデメリットで見ているつもりです。結構、偉そうに言っていますが、実は、全然大したことはありません。まあ、聞き流す程度で読んで下さいね・・・。サイトの違和感は、統一性にあります。

統一性と言っても、これだけだと良く分かりませんね。どういうことがというと、題名と内容のギャップであったり、書いてある内容のジャンルが多岐に渡っており、何に力を入れているのか分からなかったりする場合です。これだけだと何言っているの?良く分かりませんって思うでしょうが・・・。

例えば、ゴルフのサイトなのに、お小遣いに関する記事も数多く在ったり、スポーツのサイトなのに、恋愛の記事や音楽の記事、芸能の記事もあったりする場合です。こんなサイトだと、訪問者は、何に関しても、特に深く読んだりしません。読むというより、さらっと眺めて終わります。まあ、次の訪問も期待できませんね。だって、軸が決まっていないからです。もしくは、決まっていても、その軸に合わせてサイトが運営されていないからです。

ココで注意して欲しいのが、これは、訪問者を増やす立場の人が参考にして欲しいと思いますが、決して否定をしている訳では、ありません。私は、そういうサイトも見ますし、コメントも残します。楽しく訪問したりします。でも、訪問者がリピターとなってくれる為には、軸が必要です。お小遣いサイトであれば、お小遣いに関連する情報だけ載っていればいいし、スポーツのサイトであれば、スポーツだけ載っていれば、訪問者は、満足すると思います。

何でですか?って思う人もいると思うので、説明します。大抵の人は、YAHOOかGOOGLEの検索エンジンで検索して来ます。

つまり、検索した単語の専門的情報が知りたいのです。もしくは、専門的な情報では無い場合もあります。専門的な情報で無い場合は、それに関連もしくは、類似している情報を知りたがっているのです。


そして、訪問者が力を入れているかどうかの判断基準は、ジャンルにどれだけこだわっているかです。こだわっているというのは、専門性のことです。

例として2つのパターンを挙げます。1つ目は、サイト名が『お小遣い稼ごう』であり、その記事の中にげん玉の紹介があるパターン。2つ目は、サイト名が『げん玉チャレンジ』であり、その記事の中にげん玉の紹介があるパターン。どちらが、訪問者から専門性があるかと判断されるかというと、後者ですよね。まあ、内容にもよりますが・・・。でも、サイト名に近い記事の方が、訪問者は、満足します!!

結構、最近疲れやすくて困っています。大した内容も無い記事を書く割には、疲れやすいんですよ・・・。

疲れた為に、強引にまとめますが、サイトには、題名に沿った内容の記事を増やす事もしくは、内容に近い記事を書くことです。これが訪問者に信頼されるサイトにする為には、大切な事だと思います。あと、もう一度言いますが、決して否定をしている訳では、ありません。これは、アドバイスに立場から見た場合で、訪問者に信頼を得る方法を書いています。

しかし、書きたい人が書きたいように書くのが、一番です。まあ、自由ですから・・・。

<メリット>

統一感を出す事で、専門的なサイトになる。
訪問者は、サイトに興味を持った人のみが訪問するようになり、良く読んでもらえる。
記事の内容に繋がったコメントを受けやすい。
リピーターになりやすい。

<デメリット>

さまざまなジャンルからの集客が出来にくくなる。
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

ブログパーツ リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。